Chinese 煙斗能展露一個輝煌的瞬間嗎?

Chinese 煙斗能展露一個輝煌的瞬間嗎?

  煙斗能展露一個輝煌的瞬間嗎? 在每一種藝術形式當中都存在著一個高檔的舞台,以特別的方式獲取著我們的目光。如同其他藝術領域一般,這是一個特別優秀的「高品質」的煙斗世界——我們必須意識到這點。 在這個真正美麗工藝的特殊世界的深處,是一個全新的境界,一個特別出色的工藝。那些罕見的作品首先獲取我們注意力的是那些特別的方式,但接著還添加了「更多」不同的東西在其上。 我將這些「特殊的時刻」稱作煙斗。它們獲取了一些額外特別的東西。 當煙斗剛開始發展的時候,煙斗的製造者並不知道他們會製造出什麼來…大部分的時候他們是完全沒有計畫的——絕大部分的時候。 製作時的概念和規劃總是有的。但最後做出來的卻總是完全不同的東西。 這些煙斗之所以精美是因為這是成流行的想法當中的第一個版本;這些煙斗之所以精美是因為他們在其中純粹的美麗。這些煙斗傑出的原因各不相同。 無庸置疑的,這些煙斗是非常幸運的。 很多在設計時十分卓悅的想法成形後卻是慘不忍睹。有時候製造者必須嘗試數十次才可以成功製造出來。   常常這些「一時之選的煙斗們」都有個有趣的小故事。 – 像是製造者發現荊棘塊有缺陷,所以只好朝一個全新未計劃的方向進行製作。 –…

Japanese パイプが輝かしい時を捕らえることは可能なのでしょうか?

Japanese パイプが輝かしい時を捕らえることは可能なのでしょうか?

パイプが輝かしい時を捕らえることは可能なのでしょうか? どのような芸術にも最高に昇華した状態が存在するものです。つまり、私たちの注目を特別なかたちで掴み取る何かです。他とは一線を画す高品質パイプの世界でも同じことが言えます。他のあらゆる芸術と同様に愛でられるべきものなのです。 真に美しき作品の世界にあるのは、さらなる別次元。ここにも、類希なる所作が見え隠れしています。人の目を捉える魅力の他に、もう一層の価値が秘められているのです。 私はこれを“ひと時のパイプ”と形容します。特別な何かをその中に備えていることは揺るぎない事実です。 パイプの製作開始時には、職人の頭の中にその完成図はありません。多くの場合、完全に計画を練らずにつくりあげられたのです。そうです、そのほとんどにおいて。 概念と戦略は常にそこにありました。それでも、最終的な完成品は、完全に異なるかたちで現れるものです。 これらは、広く支持を得る概念を表象する、第一弾のパイプであるという理由だけで、既に他に類を見ない独自性を放ちます。内に秘められた美しさに目をやることでも、このパイプの他を圧倒する魅力に気付くことができます。このパイプが“群を抜く”理由はいくつも存在します。 これらのパイプは間違いなく幸運の賜物です。 “ひと時のパイプ”からは面白い歴史が連想されます。 ともすると、イバラの木片に欠陥があったことで、製作者は方向転換をよぎなくされたのでしょう。 もしくは、木が究極に完璧であり、そのような方向へとつくりものの手を動かした可能性も考えられます。 ともすると、この形状に挑戦し続け5回目にしてようやく、頭の中に思い描いていた新しいアイデアが具現化したのかもしれません。 はたまた、常にフリーハンド形式で製作されたことから、単純にパイプ製作者は、完成品を思い描くことがなかったのかもしれません。 このような個性的な背景を伴い特別なパイプが誕生するのです。 この“ひと時のパイプ”は常に傍らで私たちの目を癒します。…

これは喫煙パイプ デザインの黄金時代ですか。?

これは喫煙パイプ デザインの黄金時代ですか。?

これは喫煙パイプ デザインの黄金時代ですか。? 何かの黄金時代をいかに記述するか。どのように説明をパイプで? パイプの黄金時代は、1900 年代初頭の英語/フランス語標準的な形状の初めにあった?それは単純な時間と定義されるか。多分黄金時代 50 年代・ 60 年代のデンマーク デザインの爆発か。それらはそう多くの新しいアイデアを持つ時間を開拓されましたか?または何か他のおそらく… 多分今日はパイプの黄金時代ですか?   モダンなパイプ デザインの始まり 1800 年代後半、1900 年代初頭-全体図形グラフを定義する開始します。 かなり大きな瞬間!それ以来、何のコレクターの 90% を購入・職人が歴史でその瞬間から。当時は、まだ今日巨大な影響を持っている非常に強力な瞬間であります。 デンマーク語/スウェーデン語革命 50、60、70 年代はかなり大きな時間です。…

如今正是煙斗設計的黃金年代嗎?

如今正是煙斗設計的黃金年代嗎?

如今正是煙斗設計的黃金年代嗎? 你會怎麼形容一件事物的黃金年代?你又會怎麼形容煙斗的黃金年代呢? 煙斗的黃金年代是從18世紀時英國及法國的標準外型設計開始的嗎?這年代可以簡單地被定義出來嗎?或是你認為1950年代及1960年代丹麥設計大爆發時是黃金年代?這些是充滿了新想法的先驅時代?或是其實…可可能今天才是煙斗的黃金年代? 現代煙斗設計之始 19世紀末、20世紀初——整個造型圖開始被定義。 . 這是無比重要的一刻!從那個時候開始,收藏家所收藏和藝術家所製造的煙斗有90%是源自於歷史上的那個時間點的。這個在當時非常強大的時刻直至今日依然有著碩大的影嚮力。 丹麥和瑞典的革命在50到70年代間是個非常重要的時期。 有趣的是當時的雕刻數量和現今比起來非常的稀少。丹麥的設計和從他們的煙斗生產的店家中出來的產品對現在的煙斗有著巨大的影響力。 今日的煙斗世界幾乎全都用在收藏展示上面,並且越來越多。眾多的新人紛紛對此有了興趣。而越來越多的新人也就表示我們必須在越來越多有才華的新星中曝光…並且互相激勵! 今日的煙斗造型 煙管的設計涵蓋著各式各樣的選項 我們有著新古典主義風格的經典煙斗,是一種從經典中延伸出來的造型。 充滿才畫的工匠們讓那些經典造型的愛好者在現今生產的煙斗上感受到了回家的感覺。 煙斗的多樣性從來沒有像今日這樣的豐富。…